私がなぜ爪水虫になってしまったのか?

ショック 

 

始めは足の裏が痒いところからはじまりまったのがきっかけでした。足の裏を見てみると、皮膚が剥がれていました。「何だろう?」と思いつつもそのまま放置してしまったせいで、痒みも次第にどんどん悪化していき、痒みが尋常ではないくらい痒くて痒くて仕方がありませんでした。

 

日常生活でもずっと痒くて我慢できなかったので、最終的には皮膚科へ行って診察してもらいました。診察では、皮膚科の先生が何やらピンセットで足の裏の皮を少し剥がし、それを火でちょっと燃やして顕微鏡で確認していました。

 

すると、

 

「これは水虫だね!」それが先生の一言目でした。水虫になってしまったのが初めてで、何の病気なのかわかりませんでした。一通り話を聞き終わると、大体理解することができました。

 

水虫は皮膚の中に「白癬菌」と言われる水虫菌が入り込んでしまい、痒みや痛み、皮膚の剥がれなどが起きてしまう症状です。塗り薬で治療を続けて行けば数ヶ月後には完治するだろうと言っていましたが、治療期間もそれなりに長く、毎日塗り薬を塗るのが面倒な作業でした。約2ヶ月間くらい水虫治療を行っていったおかげで、一度は水虫を完治することができました。

 

その後数ヶ月間は何事もなく、普通に生活していったのですが、次第に足の指と指の間に痒みが起こってしまいました。

 

 

水虫再発!?足の指と指の間に激しい痒みが!

水虫が完治して数ヶ月後のある日、足の指と指の間から激しい痒みが起き始めました。「この痒みはもしかして・・・水虫!?」ヤバイと思いつつも、仕事が忙しくて中々、皮膚科へいけれませんでした。

 

それが2、3ヶ月くらい続いたので、やらないよりは良いだろうと思い、市販の水虫ケア用品を買って試していました。痒みがある日も痒みがない日もあり、効いているのか効いていないのかわかりませんでしたが、やらないよりはましだろうと思っていました。それでも、毎日続けているのではなく、忘れてしまう日も多々ありました。

 

定期的に自宅で水虫ケアを続けていくと、気が付いたら足の指が痒くなくなってきたのです。

 

「治った!」

 

そう思い、水虫ケアはそこで終了しました。これが後に起こってしまう爪水虫の前触れだったのです。

 

 

足の指にできた水虫から感染!爪に白癬菌が入ってしまった!?

足の水虫 

 

水虫が完治したと勘違いしてしまい、本当はまだ水虫が完治していませんでした。

 

その証拠に、爪に何やら白い筋が出来始めて、爪に違和感があるような感じがします。初めは「何だろう?この白い筋は?」と水虫みたいな状況と同じ「何だろう?」と思ったのです。

 

皮膚科へ行ってみると、爪の中に白癬菌が侵入し、爪水虫と言う爪の病気になってしまいました。この爪水虫は厄介で、治療期間が水虫よりも長く治療を続けていかなくてはなりません。

 

水虫は皮膚に直接有効成分を塗布すれば皮膚に浸透していき、白癬菌にアプローチをかけることができるのですが、爪水虫の場合は爪が邪魔をして有効成分が白癬菌まで中々届かないことがあります。

 

それに、爪に浸透させる成分を含んだ爪水虫専用の薬でない限り、治療は難しいとされています。治療期間も早い人でも半年はかかると言われているくらい長期治療が必須な爪の病気です。

 

皮膚科で治療していきましたが、やっぱり薬や塗り薬が面倒になってしまい、治療しない日も出てきました。

 

 

2ヶ月くらい治療を放置した結果

まず爪の白い筋の範囲が広くなり、爪の厚みもどんどん厚くなってきます。それに爪の色がピンクだったのが、白っぽいような黄色っぽいような濁った色になってしまいました。

 

水虫とは違い、痒みは全然ありません。痛みも普通に生活する分にはないのですが、運動をするさいに痛みが走るときがあります。走った時に爪に圧力をかけた瞬間は爪に激痛が走りました。

 

靴を脱いで手の指で足の爪をグッと押してみると、やっぱり痛みが走ります。爪水虫の症状が悪化してしまうと、歩行が困難になってしまうこともあるみたいなので、爪水虫が悪化する前にしっかりと治療をした方がいいなと感じました。

 

それに、爪が伸びてくると爪切りなどで爪を切るのですが、爪が白癬菌に侵されてしまっている爪は爪ガボロボロと崩れていき、細かい爪は粉状になっていることもあります。

 

しかも、爪が厚くなっていることもあり、爪を切るのがすごい時間がかかってしまいます。正常な人が爪を切る際は爪が平面になっているので、ただ爪切りで整えるだけで終わりなのですが、爪水虫が悪化している方の場合、爪が平面ではなく、立体的になっているため、爪切りで切るところの幅では肥厚した爪が入らないことがあります。

 

少しずつ立体的な爪を切っていくほかありません。なので、爪を切るのに時間がかかってしまうのです。臭いもちょっと臭い感じはします。

 

 

2ヶ月間放置した爪水虫のまとめ!
  • 白い筋が広くなく
  • 爪が厚くなってくる
  • 爪が白っぽく濁ってくる
  • 爪に痛みはない
  • 爪に圧をかけると痛い
  • 爪がボロボロ崩れる
  • 爪がやや臭う

 

2ヶ月間以上放置してしまうと、爪の色が変色したり爪が変形してしまいます。見た目がヤバくなってくるので、好きな人などには絶対に見せられません!

 

見せられる爪になるためにも早期爪水虫のケアをしていきましょう!

 

私が今現在進行形で使っている爪水虫用ケアアイテムはこちらです!